雑記

身のまわりの雑多録。主に古いものと旅の記録、時々日常の話。

昭和初期の煙草パッケージ (8)

f:id:kameko0_0:20201025122908j:plain


今回紹介するのは「Selika」「Minaret」「KRONOS」「CRAVEN “A”」の4つ。
コレクションについての概要は以下からどうぞ。

※地名などはコレクション上の表記を踏襲しているため当時の名称が含まれます

 

f:id:kameko0_0:20201025122425j:plain


34. Selika

f:id:kameko0_0:20201025122545j:plain

  • 10 CIGARETTES
  • The “ATLAM” Cigarette Factory 

異国情緒あふれるこのタバコは、祖父メモによると昭和12・13年頃のカイロ(エジプト)のものらしい。このあたりになると日本語でのソースがほとんど見つけられず、断片的に出てきた情報によると

  • 社名の「ATLAM」は「MALTA(地名)」を逆さまにしたもの(なお、MALTAはこの頃イギリス領だった)
  • ATLAMのタバコには「Atlam Celebrities」という名のカードがついており、そこには当時の著名人(俳優、シンガーなど)がプリントされていたらしい

…らしい。
プロ野球チップスのカードのような、コレクターカード的な意味合いを持っていたのだろうか? 残念ながら祖父のコレクションにそのカードは無い。
パッケージのイラストはエジプトだろうか。

 

35. MINARET

f:id:kameko0_0:20201025122630j:plain

  • 10 CIGARETTES
  • AFRICAN CIGARETTE CO. LTD.

こちらも異国情緒あふれるタバコで、アフリカのものらしい。うっすら残るスタンプには「日本政府 13. 7. 13 自用煙草商標」と書かれている。

ミナレット」といえばモスクなどのイスラム教の宗教施設にある塔のことを指す。アフリカのモスクといえばモロッコのハッサン2世モスクが有名だが、ハッサン2世モスクのミナレットは角張った形が特徴的で、このパッケージのものとは全く違う。トルコのブルーモスクにミナレットの形状は似ているが、モスク自体の形が違う。エジプトのムハンマド・アリー・モスクも近い気がするが、ミナレットの本数が違う。
…ということで結局どこのモスクかは不明。

 

36. KRONOS

f:id:kameko0_0:20201025122716j:plain

  • 10 CIGARETTES
  • A. G. COUSIS & Co., CAIRO MALTA (Established 1872)

Selikaに続きエキゾチックなパッケージの煙草である。どうやらこのメーカーの煙草にもSelikaと同じようにコレクターカードがついていたようだ。また、他に日本向けの煙草として「MIKASA(三笠)」という名のものも製造していたらしい。この煙草も左端をよく見ると「suppliers to the japanese monopoly and to the tunisian regie」と書いてある。しかしパッケージのイラストがどういう状況なのか、どこのイラストなのかは不明。
時代は昭和12, 3年頃のもの。

 

32. CRAVEN “A”

f:id:kameko0_0:20201025122751j:plain

  • London Wonder Factory by CARRERAS LIMITED (Established 1788)

前回の記事に続き、2回目の登場となる。これも前回と同じ昭和14年のものだが、前回は10本入だったのに対し、今回は20本入のバージョンらしい。それ以外は載っている内容等に差はないが、パッケージの横幅が広がった分、実はフォントも横幅の広いものに変更されていたりする。なんとも緩いレギュレーションである。(↓が前回掲載した、10本入)

f:id:kameko0_0:20201025121720j:plain


今回はこれにて。

昭和初期の煙草パッケージ (7)

f:id:kameko0_0:20201025121226j:plain


今回紹介するのは「The Three Castles」「GOLD FLAKE」「EMBLEM」「CRAVEN “A”」「KAIDA」の5つ。このページにはもう1つコレクションがあったらしいが、残念ながら剥がれてしまっている。
コレクションについての概要は以下からどうぞ。

※地名などはコレクション上の表記を踏襲しているため当時の名称が含まれます

 

f:id:kameko0_0:20201025121256j:plain


29. The Three Castles

f:id:kameko0_0:20201025121337j:plain

  • 10 CIGARETTES
  • W. D. & H. O. WILLS, Bristol & London
  • 定價六拾銭

この煙草の名前は「The Three Castles」という。しかし、写真左側・中央に見える名前はどう見ても「Three Ca "f" tles」に見える。私も最初は「Caftlesってなんだろ」と思いながら調べていたし、検索すると「The Three Caftles」という名前のヴィンテージ煙草として出てくることが多い。しかし、封のシール部分や右側のテキスト部分にも書かれているように「スリーカツスルス(Three Castles)」が正解なのである。

この「f」に見える「s」の正体は、かつてアルファベットの「s」の書き方の一種としてあった「long s(長いs / ロングエス)」と呼ばれるものだろう。long sは見た目が「f」に酷似しており、その存在を知らなければ「f」にしか見えない。(形などの詳細はwiki「長いs」の項目を参照)
long sは19世紀前半頃までには使用されなくなったようで、それ以前の書物や手紙には出てくることがある。この煙草自体は恐らく昭和10年頃(1935年頃)のもののため、昔のロゴをそのまま使っていたのか、あえてクラシックスタイルで書いたのかもしれない。

 

30. GOLD FLAKE

f:id:kameko0_0:20201025121512j:plain

  • 10 CIGARETTES
  • W. D. & H. O. WILLS, Bristol & London
  • 定價五拾銭

これもThree Castlesと同じイギリスの煙草で、パッケージのデザインもよく似ている。しかし、現在「ゴールドフレーク(Gold Flake)」で検索すると、インドの煙草として出てくることが多い。インドがイギリス統治下だった頃に始まった企業「ITC」が、1960年代よりGold Flakeの新しいブランドを立ち上げたらしく、現在ではインドにおける煙草の代名詞ともいうべき有名な銘柄らしい。


31. EMBLEM

f:id:kameko0_0:20201025121649j:plain

  • 10 CIGARETTES
  • Westminster Tobacco Co. Ltd. London.
  • 定價五拾銭

昭和10年頃、これまたイギリスの煙草である。ちょうど封のシールでロゴが隠れてしまっているが、シールに書いてある文字によると「エムブレム」という名前らしい。描かれている建物は、恐らくウエストミンスター寺院だろう。
ところでロゴの下に書かれている拳+翼が合体したマークは何のマークなのだろう。

 

32. CRAVEN "A"

f:id:kameko0_0:20201025121720j:plain

  • London Wonder Factory by CARRERAS LIMITED

昭和14年頃のもので、イギリスの煙草だが、どうやら現在はベトナムあたりで作られているらしい。
黒猫と赤色の組み合わせが可愛らしいパッケージだが、どうやら当時は女性向けとしてPRしていたのか、この煙草の広告には女性が描かれているものが多く出てくる(Google画像検索の結果)。


33. KAIDA

f:id:kameko0_0:20201025153300j:plain

得体の知れない生き物の正体は「獬豸(かいち)」と呼ばれる中国の伝説上の動物で、朝鮮においてはヘテ(해태)と呼ばれており、漢字では「海駝」と書かれたらしい。「カイダ」「KAIDA」と検索してもなかなか正体がつかめなかったが、漢字表記を音読みして「カイダ」にしていたのかもしれない。
魔除けとして石像が各所に置かれていたようで、このイラストも石像をそのままモチーフにしたものだろう。アルファベットのロゴや青色なども相まって、エキゾチックで謎めいたパッケージになっている。


今回はこれにて。

昭和初期の煙草パッケージ (6)

f:id:kameko0_0:20201025120802j:plain


今回紹介するのは「SOWER」「Chesterfield」「HAPPY HIT」「Nelson」「CROWN」「BLACK EAGLE」の6つ。
コレクションについての概要は以下からどうぞ。※地名などはコレクション上の表記を踏襲しているため当時の名称が含まれます

 

f:id:kameko0_0:20201025120835j:plain

 

23. SOWER

f:id:kameko0_0:20201025120011j:plain

  • 20 CIGARETTES
  • A-LoPATo SoNS LTD. HARBIN

「SOWER」とは、「種をまく人」という意味。箱の形状をしていないが、一面だけ切り抜いた状態なのだろうか。珍しく20本入なので、大きい箱だったのではないかと思う。それにしても社名の「o」の字が独特すぎる。
昭和14年、京安にて。

 

24. Chesterfield

f:id:kameko0_0:20201025120145j:plain

  • LIGGETT & MYERS TOBACCO CO.

Chelsterfieldとは、地名であり、人名であり、「肘掛けのある大型ソファ」のことであるが、イラスト的には恐らく地名だろう。どんなところだろうかと思い調べたところ、なんとも風変わりなねじれた屋根のある教会があるらしい。イラストには載ってないけど…さらにイギリスの地名であるが、製造会社はアメリカの会社であった。

 

25. HAPPY HIT

f:id:kameko0_0:20201025120222j:plain

  • 拾本入
  • 定価拾五銭
  • アメリカンタバココンパニー

昭和15年アメリカの煙草。イラストの通り、的が名前の由来だろう。
「BURLEY CIGARETTE」の文字上に謎の「B」という文字が単体で書かれているが、左上の封のシールを見るに、どうやら「HAPPY HITのB(タイプ)」のようだ。HAPPY HIT 「A」もあったのか?

 

26. Nelson

f:id:kameko0_0:20201025120315j:plain

  • NTERNATIONAL TOBACCO (OVERSEAS) LTD,. LONDON

昭和10年頃、英国の煙草。見づらいがよく見ると左側にスタンプが押されており「NAVY CUT CANCELLES MONOPOLY BUREAU」と書かれている。monopoly bureauは「専売局」の意味。一体何がキャンセルされたのか…?
なお、「Nelson」はアメリカ独立戦争ナポレオン戦争などで活躍したイギリス海軍提督であるホレーショ・ネルソンのことで、検索するとパッケージイラストまんまの角度の肖像画が出てくる。

 

27. CROWN

f:id:kameko0_0:20201025120413j:plain

  • 10 Cigarettes
  • JOHN SONS WORKS LIMITED LONDON (ENG)

これも英国の煙草で、昭和14年頃のものらしい。入手場所は京安。
個人的にはなかなか好きな色合いで、暗闇の中に浮かびあがる、古い劇場の舞台に見えてくる(ロンドンのハー・マジェスティーズ・シアターを思い出す)。

 

28. BLACK EAGLE

f:id:kameko0_0:20201025120509j:plain

  • JOHN SONS WORKS LIMITED LONDON (ENG)

名前の通り、パッケージには黒鷲が描かれている。よく見るとこれもCROWNと同じメーカーである。恐らく同じ頃に購入した煙草だろう。写真だと分かりづらいが、グレーに見える部分はほのかに銀色で、少しだけキラキラしている。

 

今回はこれにて。

昭和初期の煙草パッケージ (5)

f:id:kameko0_0:20201025114958j:plain


今回紹介するのは、「PIGEON(ピジョン)」「HAPPY」「扶桑(ふさう)」「HOPE(ホープ)」「PEARL(パール)」の5種。
コレクションについての概要は以下からどうぞ。

※地名などはコレクション上の表記を踏襲しているため当時の名称が含まれます

 

f:id:kameko0_0:20201025114431j:plain


18. PIGEON(ピジョン

f:id:kameko0_0:20201025114502j:plain

f:id:kameko0_0:20201025114603j:plain

同じ昭和10年のものらしいが、後者の方は価格も少しだけ高いので価格帯が分かれていたのだろうか。とはいえ前者が拾銭(10銭)、後者は拾貳銭(12銭)なので、大した差はない。どちらも純喫茶のマッチ箱にでもありそうなデザインである。個人的には赤い箱の、版画のような鳩の方が好き。
しかし前回の「みどり」といい、朝鮮総督府専売局の煙草はあまり情報が拾えない。。

 

19. HAPPY

f:id:kameko0_0:20201025114634j:plain

  • 十本入
  • 専賣局

コレクション(2)で登場した「Delicious」といい、素直なネーミングの銘柄は時々出現する。煙草吸うのハッピーだよね、って名付けたのかな、とか考えてしまう。ちなみにHAPPYは後々全く違うデザインのパッケージが登場する。昭和7年、入手場所は支那にて。

 

20. 扶桑(ふさう)

f:id:kameko0_0:20201025114705j:plain

  • 拾本入
  • 定価参拾五銭
  • 専賣局

昭和純喫茶のマッチ箱のような佇まいである。非常にシンプルな線で描かれながらも、ロゴとイラストのバランスがめちゃくちゃオシャレ。それにしても同年代の他の煙草と比べると妙に高く、1箱35銭もする高級品だ。
ちなみに扶桑とは「中国伝説で東方のはてにある巨木」のこと。昭和12年、日本にて。

 

21. HOPE(ホープ

f:id:kameko0_0:20201025114739j:plain

  • 拾本入
  • 定価拾五銭
  • 専賣局

煙草を吸わない私でも知っている有名な銘柄だ。
と、思っていたところ、実はこの頃のHOPEは現在のHOPEと関連はないらしい…。てっきりゴールデンバットに並ぶ長寿銘柄と思っていたが、たまたま同じ名前の、赤の他人らしいのだ。
パッケージに描かれている鳥は「サギ」かな……

 

22. PEARL(パール)

f:id:kameko0_0:20201025114816j:plain

他のパッケージとの違いに気づいている方もいるかもしれないが、恐らくこのパッケージはここに載っている他のパッケージとは時代が全然違うものだ。このページに挟まっていたものの糊付けはされていなかったので、恐らく違う時代のコレクションからここに紛れ込んだのだろう。調べたところによると昭和30年頃のものらしい。紙質も斤量も印刷の質も全く違う、戦後の煙草である。

 

今回はこれにて。

昭和初期の煙草パッケージ (4)

f:id:kameko0_0:20201025113903j:plain

今回紹介するのは、「ゴールデンバット「みどり」「CHERRY(チェリー)」の3種。
コレクションについての概要は以下からどうぞ。

※地名などはコレクション上の表記を踏襲しているため当時の名称が含まれます

 

f:id:kameko0_0:20201025113608j:plain

 

16. GOLDEN BAT(ゴールデンバット

  • 拾本入
  • 専賣局

祖父はゴールデンバットを愛飲していたのか、単純にパッケージが好みだったのか、パッケージ違いのゴールデンバットはコレクションの中で度々登場する(ちなみに孫の私もこのパッケージが好きだ)。

 

昭和7・8年版

f:id:kameko0_0:20201025113656j:plain

まだコウモリたちがキラキラしている時代のものだ。拾本入で定価は7銭。昭和7・8年でも随分古いなと思うが、ゴールデンバット自体は1906年明治39年)から発売されているというから驚きである(2019年に終売するまでは国内現役としては最古の銘柄だったらしい)

 

昭和15年版(箱)

f:id:kameko0_0:20201025113720j:plain

贅沢は敵だ」の立て看板が登場する昭和15年、パッケージからは金色のきらめきがなくなってしまった。拾本入で定価は9銭と少し値上がり。昭和7年版と比較し、箱自体も少しほっそり痩せてしまっている(ということは中身も?)。しかしデザインといい、このグリーンの色といい、相変わらずクラシックでステキ。

 

昭和15年版(簡易包装版)

f:id:kameko0_0:20201025113741j:plain

箱タイプの煙草しか知らなかったのではじめはこれが何か分からなかったのだが、どうやら簡易包装版というのがあったらしい。
定価は9銭。何本入だったのだろうか?
ゴールデンバット」の文字が旧式の横書きになると、急にレトロ感が倍増する気がする。駄菓子のガムだとか、昔のホームランバーの包み紙を思い出す…。正面・背面のコウモリが交互に配置されているのもコマ送りのようでカワイイ。

 

昭和10年・名古屋汎太平洋平和博覧会記念版

f:id:kameko0_0:20201025113812j:plain

もはやコウモリ成分ゼロだがこれもゴールデンバットである。ロゴの名残も無いので、全くゴールデンバット感はない。「10年頃」と祖父メモでは書かれているが、この博覧会が開かれたのは昭和12年のことらしい。
ちなみにこのコレクションでは後半に出てくるが、何かの記念版パッケージの煙草は時折出現する。

 

17. みどり

f:id:kameko0_0:20201025114005j:plain

「みどり タバコ」で検索すると、「Midori」が出てくるが同一の銘柄だろうか? Wikiによると「Midori」は第二次世界大戦後初のメンソール商品と書かれているが、祖父メモではこのパッケージは「(昭和)10年頃」のものとなっており、時期が合わない。前身なのか、たまたま同じ名前だったのか。

 

15. CHERRY(チェリー)

f:id:kameko0_0:20201025114028j:plain

  • 拾本入
  • 専賣局

前回の記事で紹介したパッケージの通常版である。レトロ少女漫画を想起させるような可愛らしい配色とデザインである。Wikiによるとチェリー自体は「細巻きが特徴の両切たばこ」らしいが、このパッケージのように一時期太巻(MAGNUM SIZE!)も存在していたらしい。

 

今回はこれにて。

昭和初期の煙草パッケージ (3)

f:id:kameko0_0:20201025112655j:plain


今回紹介するのは、「Oasis」「HORSE BALL」「Lion」「翼(つばさ)」「光(ひかり)」「CHERRY(チェリー)」の6つ。
コレクションについての概要は以下からどうぞ。

※地名などはコレクション上の表記を踏襲しているため当時の名称が含まれます

 

10. Oasis

f:id:kameko0_0:20201025112841j:plain

  • 10 Cigarettes
  • TOA TOBACCO CO., LTD.

砂漠地帯を想起させるような色合いと名前のパッケージである。入手場所は満州。色やイラストはシンプルだが、フォントはなんだか凝っている。

 

11. HORSE BALL

f:id:kameko0_0:20201025112904j:plain

  • 10 CIGARETTES
  • HUAFENO TOB CO?

「horse ball」とは、ポロやラグビーに似た競技のことらしい。馬に乗りながらラグビーのようにボールをパスしていく競技らしいが、パッケージに人の姿はない…なんなら「ボールに乗った馬」のような気がする。色やイラストも相まって、サーカスのような雰囲気である。昭和14年、京安で入手した煙草。

 

12. Lion

f:id:kameko0_0:20201025112927j:plain

  • 10 CIGARETTES
  • A. LOPATO SONS, LTD.

何故か急に年代が古くなり、これは昭和8年(1933年)のものらしい。顔のわりに前足がかわいいライオンである。封をしていたシールもそのまま残っており、「中華民国ロパート」「Price Y 0.15」と書かれている。入手場所は支那

 

13. 翼(つばさ)

f:id:kameko0_0:20201025112951j:plain

  • 拾本入
  • 定価拾五銭
  • 専賣局

昭和12・13年頃の煙草らしい「翼」。まだパッケージに金色が使われているものの、このあたりからイラストがなんだかその時代っぽくなってくる…。この頃の日本の煙草はどれも専賣局管理下となっているようだ。

 

14. 光(ひかり)

f:id:kameko0_0:20201025113017j:plain

  • 拾本入
  • 定価拾銭
  • 専賣局

翼に続き、こちらも日本の煙草。翼よりもちょっとだけ安い。写真では分かりづらいが名前にふさわしく、ふんだんに使われている金色がなかなか立派なパッケージである。煙草というよりはお線香のパッケージにも見える…。

 

15. CHERRY(チェリー)

f:id:kameko0_0:20201025113103j:plain

  • 拾本入
  • 定価拾銭
  • 専賣局

こちらも日本の煙草で、祖父メモによると昭和7・8年頃のものらしい。写真だと分かりづらいがこれも金色が使われており、金×紺×ピンクの組み合わせがなんともモダンでオシャレ!
これは博覧会記念の限定パッケージらしいが、チェリー自体は2代目が最近まで発売されていたらしい(詳しくない)。wikiによると1代目のチェリーは池波正太郎横光利一山本五十六らが愛飲していたらしい。通常版のパッケージは、次回掲載。

 

今回はこれにて。

昭和初期の煙草パッケージ (2)

f:id:kameko0_0:20201025110959j:plain


今回紹介するのは「POPPY」「WALDORF」「Delicious」「LAMASERY」「古印牌香烟」「SKYLARK」の6つ。
コレクションについての概要は以下からどうぞ。※地名などはコレクション上の表記を踏襲しているため当時の名称が含まれます

 

4. POPPY

f:id:kameko0_0:20201025110941j:plain

  • 10 CIGARETTES
  • TOA TOBACCO CO., LTD.

前回のSpearに続き、これも東亜煙草会社の銘柄。祖父メモにも入手場所は満州(パピー)と記載されている(「ポピー」ではなく「パピー」なのがちょっとカワイイ)。
金色の部分はちゃんときらめきがあり、戦前のものらしい豪華さを感じさせる。赤に金、黒、オレンジ、そしてポピーの花のイラスト。なんとなく、オーブリー・ビアズリーぽさを感じる…。

 

5. WALDORF

f:id:kameko0_0:20201025111908j:plain

  • LIGGETT & MYERS TOBACCO CO (CHINA) LTD

祖父メモによると昭和14年の煙草で、「支那」の「公主嶺」で入手したものらしい。紋章があることから人名なのだろうか? 製造会社である「LIGGETT & MYERS」は米国にあり、現在も続く会社らしい。

 

6. Delicious

f:id:kameko0_0:20201025110948j:plain

  • 10 CIGARETTES
  • KYOWA TOBACCO COMPANY

なんとも素直な名前に感じる、「デリシャス(デリシアス)」。祖父メモによると満州での入手となっている。色といい葉っぱのイラストといい、なんだかちょっとセンチメンタルな雰囲気。ちなみに写真だと分かりづらいが、今回紹介しているパッケージの黄土色の部分はいずれも金色で、ちゃんときらめいている。

 

7. LAMASERY

f:id:kameko0_0:20201025112005j:plain

  • 10 CIGARETTES
  • TAIYANG TOB. CO., LTD.

イラストといいこの名前といい一体何だろうと思っていたが「ラマ教の僧院」を意味するらしい。ラマ教…というのも何だろうかと調べたところ、本来はチベット仏教を正とするところ、19世紀の西洋学者によって誤って普及していた俗称らしい。なおこれも入手場所は満州

 

8. 古印牌香烟

f:id:kameko0_0:20201025112035j:plain

  • 10 Cigarettes
  • CHI TUNG TOBACCO CO., LTD.

「PREMIER」が名前かと思ったが恐らく「古印牌香烟」が名前。祖父のメモでは「プレミアー」と書かれていたので、祖父もこちらを名前と思っていたようである。google翻訳にかけてみたところ「古代ブランドのタバコ」と翻訳された。つよそう。こちらも入手場所は満州

 

9. SKYLARK

f:id:kameko0_0:20201025112126j:plain

  • 10 Cigarettes
  • 満州煙草株式会社(MANCHOU TOBACCO CO., LTD.)

どうしてもファミリーなレストランの方を連想してしまうが、パッケージのイラスト通り「ヒバリ」が名前の由来らしい。ヒバリというよりスズメっぽいけど。顔もフォルムも、日本の家紋に描かれるスズメによく似ている。
参考:雀の家紋(google画像検索)
祖父メモによると昭和14年の煙草で、新京(満州)で入手したものらしい。

 

今回はこれにて。