雑記

身のまわりの雑多録。主に古いものと旅の記録、時々日常の話。

昭和初期の煙草パッケージ (2)

f:id:kameko0_0:20201025110959j:plain


今回紹介するのは「POPPY」「WALDORF」「Delicious」「LAMASERY」「古印牌香烟」「SKYLARK」の6つ。
コレクションについての概要は以下からどうぞ。※地名などはコレクション上の表記を踏襲しているため当時の名称が含まれます

 

4. POPPY

f:id:kameko0_0:20201025110941j:plain

  • 10 CIGARETTES
  • TOA TOBACCO CO., LTD.

前回のSpearに続き、これも東亜煙草会社の銘柄。祖父メモにも入手場所は満州(パピー)と記載されている(「ポピー」ではなく「パピー」なのがちょっとカワイイ)。
金色の部分はちゃんときらめきがあり、戦前のものらしい豪華さを感じさせる。赤に金、黒、オレンジ、そしてポピーの花のイラスト。なんとなく、オーブリー・ビアズリーぽさを感じる…。

 

5. WALDORF

f:id:kameko0_0:20201025111908j:plain

  • LIGGETT & MYERS TOBACCO CO (CHINA) LTD

祖父メモによると昭和14年の煙草で、「支那」の「公主嶺」で入手したものらしい。紋章があることから人名なのだろうか? 製造会社である「LIGGETT & MYERS」は米国にあり、現在も続く会社らしい。

 

6. Delicious

f:id:kameko0_0:20201025110948j:plain

  • 10 CIGARETTES
  • KYOWA TOBACCO COMPANY

なんとも素直な名前に感じる、「デリシャス(デリシアス)」。祖父メモによると満州での入手となっている。色といい葉っぱのイラストといい、なんだかちょっとセンチメンタルな雰囲気。ちなみに写真だと分かりづらいが、今回紹介しているパッケージの黄土色の部分はいずれも金色で、ちゃんときらめいている。

 

7. LAMASERY

f:id:kameko0_0:20201025112005j:plain

  • 10 CIGARETTES
  • TAIYANG TOB. CO., LTD.

イラストといいこの名前といい一体何だろうと思っていたが「ラマ教の僧院」を意味するらしい。ラマ教…というのも何だろうかと調べたところ、本来はチベット仏教を正とするところ、19世紀の西洋学者によって誤って普及していた俗称らしい。なおこれも入手場所は満州

 

8. 古印牌香烟

f:id:kameko0_0:20201025112035j:plain

  • 10 Cigarettes
  • CHI TUNG TOBACCO CO., LTD.

「PREMIER」が名前かと思ったが恐らく「古印牌香烟」が名前。祖父のメモでは「プレミアー」と書かれていたので、祖父もこちらを名前と思っていたようである。google翻訳にかけてみたところ「古代ブランドのタバコ」と翻訳された。つよそう。こちらも入手場所は満州

 

9. SKYLARK

f:id:kameko0_0:20201025112126j:plain

  • 10 Cigarettes
  • 満州煙草株式会社(MANCHOU TOBACCO CO., LTD.)

どうしてもファミリーなレストランの方を連想してしまうが、パッケージのイラスト通り「ヒバリ」が名前の由来らしい。ヒバリというよりスズメっぽいけど。顔もフォルムも、日本の家紋に描かれるスズメによく似ている。
参考:雀の家紋(google画像検索)
祖父メモによると昭和14年の煙草で、新京(満州)で入手したものらしい。

 

今回はこれにて。